製品紹介

は、さまざまな計測に対応できます。
ケーブル配線が困難であった現場などでも
無線を使用すれば計測が簡単に!
お困りなことがございましたら、ぜひ一度ご相談ください。
最適な計測をご提案させて頂きます。
menu

動画でみるSA-A1

特長



カラー液晶タッチパネル搭載で直観的な操作性


現場測定で最適なB5サイズ。さらにアンプ、電池を含んで1.2kgの軽量設計


取り外し可能なリチウムイオンバッテリを採用。 現場でバッテリ交換が可能


本体部は防水等級IP54に対応


無線計測にも対応。現場でのケーブルの引き回しが不要に

接続図

画像をクリックすると拡大表示します。

無線計測

ケーブルの引き回しが難しい現場での計測に最適
無線ドックとアンプまたは1チャンネル無線アンプを使用することにより、
プラットフォーム(本体)は、離れた場所で測定が可能
無線ドック SA-A1WD
アンプは4チャンネルまたは2チャンネル対応
SA-A1WD+SA-A1B4/B2装着時
入力 4チャンネル/2チャンネル(SA-A1B4/B2別途必要)
プラットフォームへの信号転送
  LAN端子 Ethernet 100BASE-TX
無線 WLAN(IEEE802.11a/b/g/n)
無線転送距離 約50 m※
メモリ SDカード(SDHC対応、最大32 GB)オプション
電源 単3形乾電池8本(アルカリもしくはニッケル水素)、AC アダプタ(オプション)
大きさ・重さ 約42(H)×193(W)×95(D)mm・約500 g(電池含む・アンプ部分除く)
防水 IP54相当(本体と同じ)

※使用状況により異なります

画像をクリックすると拡大表示します。
1チャンネル無線アンプ SA-A1WL1
無線機能とアンプの一体型(1チャンネル対応)
SA-A1WL1
入力 1チャンネル、マイクロドットコネクタ、CCLD、AC/DC
CCLD 2 mA 24 V
A/D変換器 24 bit Δ-Σ型
プラットフォームへの信号転送
  無線 WLAN(IEEE802.11a/b/g/n,2.4/5 GHz)
無線転送距離 約50 m※
メモリ 内部メモリ 2 GB
電源 充電式リチウムイオンバッテリ、AC アダプタ(オプション)
大きさ・重さ 約21(H)×54(W)×84(D)mm・約130 g(電池含む)
防水 IPX4相当

※使用状況により異なります

無線システムの接続例 (SA-A1WD)
無線測定システム
無線LANを使用してSA-A1とアンプを1:1で接続。測定は、SA-A1WDに装着したアンプで行う
遠隔システム(LAN)
LANケーブルを使用してSA-A1とアンプを1:1で接続。測定は、SA-A1WDに装着したアンプで行う
多点遠隔測定システム
SA-A1と複数のアンプを1:2~4で接続
SA-A1にドッキングしたアンプを含め、最大4台まで同時に接続可能
無線LAN、有線LANが混在した環境でも測定が可能

FFT分析プログラム SX-A1FT 

時間波形
1フレーム分(FFT分析点数)の時間波形が表示されます。波形収録したデータの場合、収録した時間波形を表示することができ、再演算を行うことも可能です。
FFT分析
入力信号を高速フーリエ変換(FFT)することにより、 信号のもつ規則性を見い出し、信号に含まれている周波数分析を行います。特に、自動車・家電製品の品質評価、設備診断・異音検出など音響・振動の 信号分析に幅広く使用されます。
 
伝達関数
伝達関数は、入力信号と出力信号の周波数領域で示しており、 振幅と位相が求められます。SA-A1にはこの種の演算として他にコヒー レンス関数とクロススペクトルがあります。
再演算
SA-A1で波形収録したWAVE形式のデータは、SX-AIFTによりFFT分析をすることができます。
FFT分析プログラム SX-A1FT
リアルタイム分析処理全般
  演算概要 FFT分析
チャンネル数 4チャンネル
トリガ トリガモード フリー、シングル、リピート
トリガソース 波形、外部、回転速度
トリガポジション ±
N
2
以内(Nは分析点数)
波形収録機能 分析と同時に波形収録が可能
演算関数 1フレームの時間領域波形、パワースペクトル、クロススペクトル、伝達関数、コヒーレンス
窓関数 レクタンギュラ、ハニング、フラットトップ、指数、フォース
分析周波数 20kHz、10kHz、5kHz、2kHz、1kHz、500Hz、200Hz、100Hz
分析点数 256、512、1 024、2 048、4 096、8 192、16 384※1
平均・その他演算 リニア、指数、MAX
平均回数 1~1 024
再分析処理全般
  演算概要 波形収録したデータをFFT分析
チャンネル数 4チャンネル
演算関数 1フレームの時間波形、パワースペクトル、クロススペクトル、伝達関数、コヒーレンス
窓関数 レクタンギュラ、ハニング、フラットトップ、指数、フォース
分析点数 256、512、1 024、2 048、4 096、8 192、16 384、32 768
オーバラップ率 0 %、25 %、 50 %、75 %
平均・その他演算 リニア、指数、MAX
平均回数 1~1 024(最大、表示する時間波形により制限あり)
ファイル形式 バイナリファイル※2

※1 波形収録機能使用時は分析点数16384は設定不可
※2 SA-A1ファイルコンバータ(付属)によりテキストファイルに変換することが可能

1/3オクターブバンド分析プログラム
SX-A1RT 

計量法施行規則第38条別表第四*に記載の
1/3オクターブバンド分析器(音圧レベル・振動加速度レベル)
の仕様に適合します。
*(計量証明事業登録に必要な機器一覧)
オクターブバンド分析
騒音レベルや振動レベルの評価・対策を目的とした分析には、人間の感覚に対応させや すいオクターブバンド分析(オクターブバンド、1/3オクターブバンド)が一般的に使用されます。画面は1/3オクターブバンド分析時のグラフと数値を同時に表示しています。
リコール演算
オクターブバンド分析時のストアデータを呼び出した表示画面です(リコール画面)。 このストアデータから時間区間を指定しての2次演算も可能です。
1/3オクターブバンド分析プログラム SX-A1RT
適合規格 JIS C1513 : 2002 クラス1、JIS C1514 : 2002 クラス1、
IEC 61260 : 2014 class1、ANSI/ASA S1.11-2014/Part1 class1
バンドフィルタ中心周波数・バンド数およびチャンネル数
  オクターブバンド 0.5~16000Hz 16バンド 最大4チャンネル
1/3オクターブバンド 0.4~20000Hz 48バンド 最大3チャンネル  
瞬時値データ(100 ms毎) 時間重み付きレベルLp、時間平均レベルLeq、時間重み付きレベルの最大値Lmax
演算値データ 時間平均レベルLeq、暴露レベルLE、時間重み付きレベルの最大値Lmax、
時間率レベルLN(05、10、50、90、95、33.3)を最大5個
ストアモード オート、マニュアル
時間重み付け特性 F(速い)、630ms、S(遅い)、10s
周波数重み付け特性 A、C、Z
トリガ トリガモード フリー、シングル、リピート(ストアモードがオートの時のみ)
トリガ対象 APレベル、バンドレベル、外部、タイム
ファイル形式 バイナリファイル※

※SA-A1ファイルコンバータ(付属)によりテキストファイルに変換することが可能

環境計測データ管理ソフトウェア
(オクターブ・1/3オクターブデータ管理ソフトウェア付き)
AS-60RT
1/3オクターブバンド分析プログラムSX-A1RTで測定したデータを
コンピュータで管理することが可能
オートストアデータおよび実音ファイルを取り込み、オクターブ分析結果の
グラフ表示・各種演算が可能
オールパス値は、帳票の作成も可能

波形収録プログラム SX-A1WR 

波形収録
時間波形をSDカードに保存できます。
収録可能な時間は入力チャンネル数と周波数レンジで決まります。
※最大収録時間
・32GB SDカード:42時間40分
・2GB SDカード:2時間40分
波形収録プログラム SX-A1WR( SA-A1本体に搭載)
収録チャンネル数 4チャンネル+回転パルスまたは汎用DC
周波数レンジ 20 kHz、10 kHz、5 kHz、1 kHz、500 Hz、100 Hz
量子化ビット数 16 bit/24 bit
トリガ トリガモード フリー、シングル、リピート
トリガ対象 波形、タイム、外部
音声メモマーカー機能 あり
モニタアウト(再生) 収録データを再生して試聴可(20 kHz、10 kHz、5 kHzのみ)
ファイル形式 WAVEファイル

オーダートラッキングプログラム
CAT-SAA1-ORDTRK 

オーダートラッキング分析
回転数データと騒音・振動の波形データを同時収録し、収録したデータから回転次数を指定することにより
回転数の変化に応じた騒音または振動の状態を把握することができます。
おもに自動車、二輪車の駆動系の騒音・振動の分析に使用されます。
横軸にrpm(1分当たりの回転数)、縦軸に指定した次数の騒音/振動レベルを表します。
1画面辺り次数は最大4つまで指定できます。数値グラフはレベルの最大値を表します。
オーダートラッキングプログラム CAT-SAA1-ORDTRK
チャンネル数 SA-A1B4:3チャンネル※、SA-A1B2:1チャンネル※
※回転入力用に1チャンネル使用するため
回転数信号 TTLレベルパルス、DC信号
最大回転数
(分析周波数20 kHz時)
10 000 rpm:60 p/r
600 000 rpm:1 p/r
設定次数 少数点第一位まで設定可能
次数幅 設定可能(FFTサンプリング点数に依存)

表示  
グラフ 横軸:rpm、縦軸:振幅
次数表示数 最大4次数(オーバーオール含む)の重ね描き
データ補間 移動平均、重み付け移動平均
表示データ保存 CSV、PNG

多機能計測システム SA-A1
オプションプログラム
SA-A1にオプションプログラムをインストールすることで、
計測業務をより便利に、確実に行うことができます。
※ポイントを当てると詳細が表示されます

1ウィザード

画面の誘導に従い簡単操作。
慣れない方が使う場合や定型業務に便利です。

指定した文章や画像を載せた手順書をSA-A1の画面上に表示して、
測定設定の表示変更や校正ができます。
SX-A1WR/SX-A1FT/SX-A1R
各基本60,000円~
画面追加、1×10,000

2設定値の固定化

誤操作を防ぐために
使用しない項目を変更できない様に固定化します。

固定化した項目は、
メンテナンスモードに入ると設定の変更が可能になります。
SX-A1WR/SX-A1FT/SX-A1RT
50,000

3同時最大グラフ数の変更

同時に複数のグラフを表示する上限を変更します。

標準では最大4グラフまで表示できますが、6グラフや8グラフなどに変更できます。
SX-A1WR/SX-A1FT/SX-A1RT
50,000

4指定した測定値を表示

見たい値を常に数値表示します。

着目するバンドレベルやオーバーオール(SX-A1FT)
またはオールパス(SX-A1RT)の数値を1グラフの領域に表示します。
SX-A1FT/SX-A1RT
50,000

5メモ入力(キーボード入力)

測定毎にメモを入力できます。

SA-A1のソフトウェアキーボードで、
プロジェクト内にメモを入力し、メモ内容をSDカードに保存します。
SX-A1FT/SX-A1RT
50,000

6USBカメラ画像の
表示・同時保存

残したい測定状況を静止画で保存します。

USBカメラを使用して、測定状況を測定データと併せて、
SA-A1の画面上に画像で残せます。
※USBカメラは当社指定品を含む。静止画のみ
SX-A1WR/SX-A1FT/SX-A1RT
70,000

7任意区間のWAVEファイル保存

必要な区間のみを別ファイルに保存します。

リコール画面で、選択した時間区間をWAVEファイルに切り出して保存します。
SX-A1WR
50,000

8任意バンドの時間-レベルグラフ表示

時間に対して変化の傾向が見られます。

指定したバンドの時間変化を横軸が時間、
縦軸がレベルのグラフで表示します
(指定するバンドを測定時に変更できます)。
SX-A1RT
50,000

9グラフの重ね描き

リアルタイムに異なるチャンネルのデータを
重ね描きして容易に比較できます。

リアルタイム同士の重ね描きとなります。
リアルタイムとリコールとの重ね描きについては、Ver.2.1で機能として備えています。
※重ね描きは、オクターブバンド同士、1/3オクターブバンド同士、
またFFT分析点数が同一であるなどの条件あり。
SX-A1FT/SX-A1RT
50,000
● 納期はお問い合わせください。
● これらのプログラムの著作権は弊社に帰属します。また、機能改善のための無償アップデートの対象外となります。
SX-A1WRで収録したデータは各種ソフトで
表示・分析が可能
波形処理ソフトウェア
AS-70
周波数分析画面例
波形分析 演算 最大値、最小値、平均値、実効値、分散、微積分、HPF、LPF
FFT分析 分析点数 32~65 536ポイント
表示データ パワースペクトル、パワースペクトル密度、スペクトログラム
オクターブバンド分析 適合規格 JIS C 1514 : 2002(IEC 61260-1: 2014)のオクターブ及び1/3オクターブバンドフィルタ(クラス1)
分析周波数 オクターブバンド0.5 Hz~16 kHz、1/3 オクターブバンド0.4 Hz~20 kHz
時間重み付け特性 10 ms、F(速い)、630 ms、S(遅い)、10 s
周波数重み付け特性 Z、A、C、G、C toA、Lvx(鉛直特性)、Lvxy(水平特性)

■ CPU : Intel Core i5 2 GHz相当以上 ■ RAM : 2 GB以上、推奨 4 GB ■ HDD : 20 GB以上(空き容量)、推奨100 GB以上
■ DISPLAY : XGA(1024×768ピクセル)以上
■ 対応OS : Microsoft Windows 7 Professional 32 bit/64 bit、8.1 Pro 32 bit/64 bit、10 Pro 32 bit/64 bit

波形分析ソフト
CAT-WAVE
[本製品はキャテック株式会社の製品です]
スペクトルマップ画面例
波形分析 表示機能 時間軸拡大縮小、微積分
ファイル出力 WAVE形式(ch分割、区間指定が可能)/ CSV形式(区間指定が可能)/JPEG
FFT分析 分析点数 64~32768ポイント
表示データ パワースペクトル、クロススペクトル、伝達関数(振幅)、伝達関数(位相)、コヒーレンス関数、パワースペクトルマップ、スペクトル領域での微積分
オクターブバンド分析 適合規格 JIS C 1514 : 2002(IEC 61260-1:2014)のオクターブ及び1/3オクターブバンドフィルタ(クラス1)
分析周波数範囲 オクターブバンド 0.5 Hz~8 kHz、1/3オクターブバンド 0.4 Hz~10 kHz、1/12オクターブバンド 0.36 Hz〜11 kHz
時間重み付け特性 1 ms、10 ms、35 ms、F(速い)、630 ms、S(遅い)、10 s
周波数重み付け特性 FLAT、A、C

■ CPU : Intel Core i5/i7 1.4 GHz以上(Core2 Duo 2 GHz以上) ■ RAM : 2 GB以上 ■ HDD : 60 GB以上(空き容量)
■ DISPLAY : SXGA(1280×1024)以上
■ 対応OS : Microsoft Windows 7 Professional 32 bit / 64 bit、8.1 Pro 64 bit

測定例

振動の測定
SA-A1に加速度ピックアップを接続すると振動を測定できます。入力は最大で4チャンネルなので、3方向同時測定や複数箇所の同時測定・分析が簡単に行えます。
室間遮音の測定
SA-A1と雑音発生器(およびスピーカ)を使用すると、室間の遮音測定ができます。 無線ドックを使用すると、室間に敷設するケーブルは不要になり、測定が簡素化できます。 自動測定用アプリは別途になります。(検討中)
※無線通信は、使用状況により異なります。
 
騒音・振動と回転速度の測定
SA-A1には騒音・振動入力のほかに回転パルス入力端子があり、騒音や振動と回転速度を同時に測定・分析ができます。次数比アプリは別途になります。(検討中)
固有振動数の測定
SA-A1にインパルスハンマと加速度ピックアップを接続すると、固有振動数や伝達関数を測定できます。無線ドックを使用すると、ハンマとSA-A1をつなぐケーブルが不要になり作業効率がアップします。
 
騒音の多チャンネル測定
SA-A1と無線ドックを使用すると道路や鉄道の上下線で同時に騒音測定ができます。 測定データを無線で送信するため、上下線2地点からのケーブル延長は不要になり、 測定が簡素化できます。
※すべての環境において無線が通じることを保証するものではありません
騒音レベルと振動レベルの測定と分析
SA-A1に騒音計や振動レベル計を接続すると、騒音レベルと振動レベルの同時測定ができます。必要に応じて周波数分析も可能です。
SA-A1のプログラム例
多機能計測システムSA-A1は、AndroidベースのOSを採用しているため、
様々なプログラムを作成することができます。
ネットワーク通信システム(検討中)
Wi-Fiルータを利用してSA-A1をインターネットに接続するネットワーク通信のシステム。
遠隔地の状況のモニタリングや、SA-A1の警報出力を携帯電話で受信して確認することが可能。
オーダートラッキングプログラム CAT-SAA1-ORDTRK
SA-A1にマイクロホンや加速度ピックアップと同時に回転計を接続して分析結果を出力。
波形を収録して分析を行う。 オーダートラッキングプログラム カタログ
音源探査システム(検討中)
SA-A1とマイクロホンを使用して、音の発生源を調べるシステム。
表示したカラーマップから音源の位置を推定。シンプルなシステムなので、多チャンネルのアレイに比べて安価で作成することが可能
打撃検査システム(検討中)
SA-A1とインパルスハンマを使用した打撃検査システム。
適切に締まったボルトと緩んだボルトでは力の応答が異なります。インパルスハンマを使用して、この違いを判定することが可能。
3軸振動計測システム(検討中)
SA-A1と3軸加速度ピックアップを接続して、X、Y、Z軸それぞれの値とFFT分析結果を表示。
波形収録機能を利用して収録したデータは、現場を離れた後で分析が可能。
レベル記録システム(検討中)
SA-A1に騒音計や振動レベル計を接続してレベルを記録するシステム。
測定中にメモを残すことや、レベルトリガ設定により一定のレベルを超えたイベントを収録することが可能。
動画リンクシステム(検討中)
SA-A1に騒音計や振動レベル計およびUSBカメラを接続して、測定レベルと画像を表示するシステム。
測定データをSA-A1内に記録できるので、再生時の音源確認に利用することが可能。

仕様

プラットフォーム(本体+アンプ)
入力部 チャンネル数 4チャンネル(2チャンネル)、BNCコネクタ、CCLD、AC/DC
最大入力電圧 ±13 V
CCLD 2 mA 24 V(4 mA ファクトリオプション)
増幅部 周波数範囲 DC~20 kHzまたは0.25 Hz~20 kHz
入力レンジ -40 dB~20 dB、20 dBステップ 0 dB ref. 1 Vrms
自己雑音 レンジフルスケール -85 dB 以下(0 dBレンジ、APレベル)
ダイナミックレンジ 100 dB 以上(0 dBレンジ、fs=51.2 kHz、400ラインFFTのノイズレベル)
チャンネル間位相差 ± 1 °以内(1 Hz ~ 20 kHz、0 dBレンジ時)
A/D変換部 A/D変換器 24 bit Σ-Δ型、同時サンプリング
サンプリング周波数 51.2 kHz、25.6 kHz、12.8 kHz、5.12 kHz、2.56 kHz、1.28 kHz、512 Hz、256 Hz
表示部 10.1 inch TFT color LCD 1 280 x 800 pixels 透過型
タッチパネル マルチタッチ(2点) 投影型静電容量式
入出力部 USB USB A x 1、mini B x 1
モニタ出力端子 あり φ3.5 ステレオミニジャック
SDカードスロット あり(SDHC対応、最大32 GB、SDカード オプション)
回転パルス/
汎用DC入力端子
チャンネル数 1チャンネル、BNCコネクタ
回転
パルス
入力電圧範囲 0~12 V、オープンコレクタ対応、内部プルアップ3.3V(プルアップ抵抗1kΩ)
H-Lスレッショルドレベル 2.5 V
測定回転速度レンジ 5 000 pulse/s
汎用
DC入力
A/D変換 10 bit 逐次比較型
サンプリング周波数 約10 Hz
外部トリガ オープンコレクタ対応、内部プルアップ 3.3 V
電源 充電式リチウムイオンバッテリ(電池寿命 約4時間 使用条件による)、ACアダプタ
大きさ・重さ 40(H)×275(W)×188(D)mm・SA-A1:1 200 g(バッテリ280 g含む、SA-A1B4装着時)
防水等級 エP54相当
使用温湿度範囲 -10 ℃~50 ℃(ACアダプタ使用時)、90%RH以下(結露のないこと)
付属品 充電式リチウムイオンバッテリBP-30 x 1、ACアダプタNE-20P x 1、SA-A1ファイルコンバータ、AS-70 Viewer

オプション

無線ドック SA-A1WD 180,000円
1チャンネル無線アンプ SA-A1WL1 お問い合わせください
外部バッテリ - お問い合わせください
充電式リチウムイオンバッテリ(交換用) BP-30 60,000円
ACアダプタ NE-20P 10,000円
SDカード 32 GB MC-32SD3 100,000円
SDカード 2 GB MC-20SD2 30,000円
音声メモ用マイク BSHSM03BK 2,000円
モニタ用イヤホン ATH-C320-BK 7,000円
肩掛けバンド VA-12015 2,000円
キャリングケース SAA1066 18,000円
液晶保護シート 59SA5000 5,000円
SA-A1用卓上スタンド SA-A1S36 15,000円
SA-A1WD用縦置きスタンド SA-A1S29 15,000円
CCLD 4 mA 改造(ファクトリオプション) SA-A1B2用 80,000円
CCLD 4 mA 改造(ファクトリオプション) SA-A1B4用 100,000円

SA-A1パッケージ価格、プログラム価格

品名 型式 希望小売価格(税別)
SA-A1 2チャンネルFFTパッケージ(プラットフォーム、2チャンネルアンプ、FFT分析プログラム) SA-A1FTB2 850,000円
SA-A1 4チャンネルFFTパッケージ(プラットフォーム、4チャンネルアンプ、FFT分析プログラム) SA-A1FTB4 950,000円
SA-A1 2チャンネルオクターブパッケージ(プラットフォーム、2チャンネルアンプ、1/3オクターブバンド分析プログラム) SA-A1RTB2 950,000円
SA-A1 4チャンネルオクターブパッケージ(プラットフォーム、4チャンネルアンプ、1/3オクターブバンド分析プログラム) SA-A1RTB4 1,050,000円
SA-A1 2チャンネルFFTオクターブパッケージ(プラットフォーム、2チャンネルアンプ、FFT分析プログラム、1/3オクターブバンド分析プログラム) SA-A1FTRTB2 1,050,000円
SA-A1 4チャンネルFFTオクターブパッケージ(プラットフォーム、4チャンネルアンプ、FFT分析プログラム、1/3オクターブバンド分析プログラム) SA-A1FTRTB4 1,150,000円
FFT分析プログラム SX-A1FT 200,000円
1/3オクターブバンド分析プログラム SX-A1RT 300,000円

プレミアムキャンペーン

SA-A1をご購入、ご応募いただいたお客様に
「タッチペンとSA-A1専用液晶保護シート」をプレゼント!
タッチペン
保護シート
※商品の発送には、ご応募いただきましてから1~2ヶ月を要しますのでご了解ねがいます。
※商品は多数ご用意いたしておりますが、無くなり次第終了させていただきます。