目的別検索

検索画面へ戻る
6 件中 1-6 件表示

 物体の音響パワーレベルを測定したい

音響測定 > 騒音分析・評価
SA-02と専用ソフトウェアを使用して半無響室法または残響室法により、音響パワーレベルを測定するシステムです。
同じエネルギーの騒音を発生する機械、電気製品、事務機器であっても、様々な条件によって周囲の騒音レベルは異なります。
機器を設置したり撤去したりする場合の騒音の予測や、機器の騒音発生源としての単体評価には、発生する時間当たりの音響エネルギである音響パワーの測定が必要になります。
音源の音響パワーを測定するために、計測用マイクロホンとプリアンプ、多チャンネル分析処理器SA-02シリーズと音響パワーレベル測定ソフトなどで構成する測定システムであり、半無響室法および残響室法によるものがあります。

 物体の発生する音の音質を評価したい

音響測定 > 騒音分析・評価
SA-02で収録された計測データファイルを読み込み、音質音響評価量(ラウドネス、シャープネス、ラフネスなど)を算出するシステムです。SA-02などのハードウェアは共通で、ソフトウェアを変更することにより、様々な評価量を算出できます。

 騒音の様子を可視化したい

音響測定 > 騒音分析・評価
音響インテンシティ測定システムまたは音源探査システムを使用すると、音の可視化ができます。
音響インテンシティ測定システムは、メッシュ状に複数設けた測定点でインテンシティを正確に測定し、全測定点の測定が完了するとコンターマップ等を描画することにより、音を可化できます。ただし、コンターマップは測定が完了しないと描画できません。
一方、音源探査システムはリアルタイムに音の到来方向をグラフィックで表示するシステムです。測定中に音の到来方向が分かります。

 エンジン音のトラッキング分析をしたい

音響測定 > 騒音分析・評価
トラッキング分析測定システムを使用すると、回転数または次数に対する周波数分析を行うことができます。

 物体の表面インテンシティを測定したい

音響測定 > 騒音分析・評価
表面インテンシティコンパレータ測定システムを使用すると、暗騒音レベルの高い生産ラインで音を用いた良否判定を行うことができます。

 音圧分布のコンターを書きたい

音響測定 > 騒音分析・評価
音響インテンシティ計測システムを使用すると、コンターマップ等が作成でき音源の可視化が可能です。